• 06-6981-6587

診療時間/10:00~13:00 16:00~21:00 ※最終受付は20:00(水曜日は18:00まで)休診日/土曜日午後・日曜日・祝日

DENTURE

入れ歯の治療

保険治療・自費治療
どちらの入れ歯にも対応

当院は噛み合わせにこだわり、保険治療でも噛みやすい入れ歯を作ります。
院内に歯科技工士が在籍し、技工室も備えているため、院内で入れ歯の調整が可能です。もちろん、自費での入れ歯にも対応いたします。

当院の入れ歯治療

保険でもよく「噛める」入れ歯をご提供

保険の入れ歯は噛めない。そう思っていませんか?入れ歯が噛めない原因は、保険か否かではありません。「隙間があるかないか」です。

入れ歯は吸盤と同じ仕組みで歯ぐきにくっついているため、吸盤と同じように、歯ぐきとの間に隙間があるとくっつかなくて、ガタついたり外れたりします。そのため、入れ歯の内面(床といいます)と、入れ歯を支える歯ぐきとの間の隙間をなくすことが、入れ歯の製作において重要なことです。

隙間ができないようにするためには、精密なお口の型取りがポイント。当院では、精密な型を取るために、患者さまお一人おひとりに「個人トレー」と呼ばれる型取り専用の道具を、オーダーメードでお作りしています。

保険診療では個人トレーを作製しない方法もあります。しかし当院では、保険か自費かにかかわらず、すべての患者さまに個人トレーを作製しています。個人トレーを使って、歯ぐきの型を取った方が、精密な型が取れるためです。このように型取りにこだわれば、保険治療でもよく噛める入れ歯を作れます。入れ歯でお悩みの方は、一度ご相談ください。

個人トレーとは?

規格の決まった既製品ではなく、患者さま個人のお口の大きさや形に合わせて、個別に作られた型取り用の道具です。個人トレーを使用して型取りすると、より精密な入れ歯を作ることができます。

個人トレーを製作するためには手間がかかるため、既製品のトレーで型取りする方法もありますが、当院では手間を惜しまず、すべての患者さまに個人トレーを作っています。

経験30年以上の歯科技工士が製作する「噛める」入れ歯

入れ歯は、歯科技工士が在籍する歯科技工所で作ることが多いものです。当院では、入れ歯の製作を歯科技工所に外注することもありますが、院内技工室(院内ラボ)で行うこともあります。

入れ歯の不具合がある場合も、院内技工室にて即日修理も可能ですので、今お使いの入れ歯が合わないなどのお悩みも、お気軽にご相談ください。

(※)2018年現在

自費治療でご提供する、より快適な入れ歯

当院では、保険の範囲内でもよく噛める入れ歯をご提供していますが、保険治療で使用できる素材などの条件により、保険の入れ歯は種類に限りがあります。

より見た目がよく、快適で長持ちする入れ歯をお求めの患者さまには、自費の入れ歯治療もご提供。以下の入れ歯を製作しておりますので、保険治療よりも更に快適な入れ歯をお求めの方は、ご相談ください。

ノンクラスプデンチャー(歯にひっかける金属がなし)

クラスプ(歯にひっかける金具)がないタイプの入れ歯です。金属を使用していないため、やや強度に劣りますが、入れ歯をしていることを気づかれにくく、金属アレルギーの方でも使用ができます。

ノンクラスプデンチャー ¥132,000~220,000(税込)

入れ歯はメンテナンスが大事

入れ歯の清掃を怠ると不衛生になったり、不快なニオイの元になったりします。清掃をする際に歯ブラシや歯磨き粉を使うと、入れ歯にキズがついて細菌が繁殖する原因になりますので、必ず入れ歯洗浄剤を使うようにしましょう。
また、長期間の使用により入れ歯がすり減り、かみ合わせのバランスが崩れる恐れがあります。歯科医院での定期的なメインテナンスを心がけ、しっかり噛めて使い心地のよい入れ歯の維持に努めましょう。

入れ歯(義歯)の注意点

    • 完成するまで、複数回に渡り、来院する必要があります。
    • 長期間の使用や口腔環境により変色、摩耗することがあります。
    • 使用頻度、噛み合わせによって破損する場合があります。
    • 残っている歯にむし歯がある場合は、事前の治療を必要とします。
    • 保険診療の場合、使用できる素材が限られるため、自費診療で作れる入れ歯より使用感に差が出ます。
    • 金属床義歯は自費診療になるため、保険診療に比べ費用がかかります。
    • 金属アレルギーをお持ちの患者様は金属床義歯を使用できない可能性があります。
    • 金属床義歯は素材に重みがあるため、金属床を装着した際に違和感を覚える場合があります。
問診表

ページトップへ戻る