• 06-6981-6587

診療時間/10:00~13:00 16:00~21:00 ※最終受付は20:00(水曜日は18:00まで)休診日/土曜日午後・日曜日・祝日

GENERAL

むし歯の治療

むし歯治療について

当院では、痛みの少ない治療、なるべく削らない治療、神経をなるべく残す治療を目指しています。患者さまの負担を減らしながら、大切な歯を守ります。

むし歯とは

むし歯とは、むし歯菌であるミュータンス菌が食べかすなどを餌にして酸を放出し、酸に弱い歯が溶けてしまう病気です。
チョコレートやキャラメル、アメなどの糖を多く含むお菓子などを食べた後は特にむし歯菌が活発に働き、お口の中は酸性の状態へと近づきます。また、時間の経過とともに細菌の塊である歯垢が作られると、さらに細菌が繁殖してむし歯を引き起こす原因になります。
むし歯を防ぐには、食後の歯みがきはもちろん、歯科医院での定期的なメインテナンスに取り組むことが大切です。

このような症状が出たらむし歯かもしれません

    • 歯に穴が空いている
    • 歯に黒くなっている所がある
    • 冷たいものや熱いものでしみる
    • 甘いものを食べるとしみる
    • 何もしてなくても歯がズキズキと痛む
    • 昔に入れた被せ物が痛む

むし歯の進行

初期段階

歯の表面がごくわずかに溶けている状態ですが、自覚症状はありません。フッ素塗布や正しい歯磨きなどにより、むし歯の進行を防げる期待が高まります。

エナメル質のむし歯

エナメル質が溶け始めているむし歯ですが自覚症状がほとんどなく、進行してしまうケースがほとんどです。むし歯部分を精密に削り取り、主に詰め物を用いた治療を行います。

神経に近いむし歯

象牙質は神経に近く、冷たい食べ物や飲み物の刺激が神経に伝わり、歯がしみたり痛みを感じたりする恐れがあります。むし歯の範囲が大きい場合は、被せ物を用いた治療が必要です。

神経に到達したむし歯

むし歯が神経に到達すると細菌による炎症を引き起こし、激しい痛みを伴います。ご自身の歯を残すには、汚染物質の清掃や神経を取り除く根管治療が必要です。

末期のむし歯

歯のほとんどが失われ、根の部分だけが残っている状態です。膿が溜まっていることも多く、強い口臭を引き起こす原因にもなります。抜歯が必要になる症例がほとんどであり、当院では入れ歯治療のご案内が可能です。

当院のむし歯治療の特徴

麻酔を工夫した、痛みの少ない治療

痛みが苦手で歯医者の受診をためらっている患者さまを一人でも多く救いたい。当院ではそう考え、なるべく痛みを感じさせない、痛みの少ない治療をしています。

中でも、当院が配慮しているのが麻酔。まず、歯ぐきに塗るタイプの表面麻酔を使用して、歯ぐきにあらかじめ麻酔をかけます。こうすることで、針が刺さるときの痛みを軽減することが可能です。

また、麻酔液の注入は一定の速度で注入すると痛みを感じにくいという特徴があります。そのため電動の注射器を使用して、注入速度を一定に保ちながら注入。このほかにも、注射針は細いほど痛みを感じにくいため、日本で入手可能なもっとも細い針を使用したり、麻酔液の温度による体への刺激を減らすために、麻酔液を常温で管理するといった、さまざまな工夫を行っています。

このような工夫によって痛みの少ないむし歯治療を実現していますので、痛みが苦手な方も安心してご来院ください。

歯を削らずにむし歯の進行状況を確認

当院では、レーザーによりむし歯を明らかにできる「ダイアグノデント」を導入し、より正確な診断を徹底しております。むし歯の大きさや深さを明らかにできるため、歯を削る量を最小限に抑えられ、健康な歯をできるだけ残した治療を行えます。
事前にむし歯の予測を済ませておくことにより、より適切かつスピーディーな治療の実現が可能です。

歯を長持ちさせる、なるべく削らない治療

むし歯の部分だけを削り、歯の健康な組織を残す「MI治療」(ミニマルインターベンション)に取り組んでいます。むし歯を取り除く際には細心の注意を払っていないと、むし歯以外の健康な歯の組織まで削ってしまいかねません。しかし歯は削れば削るほど脆くなり、むし歯も再発しやすくなるため、長持ちさせるには、なるべく削らない方がよいのです。

当院では、歯を削るときの削り過ぎを防ぐために、MI治療用の極細のバー(歯を削る器具)を使用して、少しずつ丁寧にむし歯を除去。削るのが難しい小さなむし歯は、歯を削る量が少ないコンポジットレジンを使った治療で対応しています。

歯をむやみに削ってその場限りの治療を行うのではなく、患者さまの歯を少しでも長持ちさせる治療をしたい。それが当院の考えです。さまざまな工夫を行い、なるべく削らない治療に取り組んでいます。

ドックベストセメントによる、神経を残す治療

歯の神経(歯髄)を取ってしまうと、歯に栄養分が行きわたらなくなり、歯が脆くなって、折れたり欠けたりするリスクが高まります。歯を健康なまま長持ちさせるには、なるべく神経を取らない治療が大切です。

当院では、なるべく神経を取らずに済むよう、薬剤を使ってむし歯菌を無菌化できる「ドックベストセメント治療」を行っています。ドックベストセメント治療は、さまざまな天然ミネラルから作られたセメントを使う、画期的な治療法です。天然ミネラルでむし歯菌を殺菌するため、神経を取り除かなくても、治療を進めることができます。

当院の院長は、ドックベストセメント療法認定医の資格を持つ、ドックベストセメント治療のスペシャリストです。安心してお任せください。

ドックベストセメント療法とは

ドックベストセメントとは、天然ミネラルを主成分とするセメント(接着剤)を使用した、人間が本来持つ自然治癒力を生かしたむし歯の治療法です。セメントは殺菌効果と歯の再石灰化を促進する作用があり、歯を削る量を抑えたり神経を保護できたりする期待が高まります。
当院では、「できるだけ歯を抜かず、削らずに健康な状態を維持できるか」を大切にし、一人ひとりの患者様の症例に合わせた治療の提供に努めておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

一般的なむし歯治療との違い

ドックベスト塗布の治療法

  • 咬合面のむし歯

  • タンパク分解除菌水で
    むし歯の表面の汚れを除去

  • ドックベスト塗布

  • 1年後
    再石灰化完了

一般的なむし歯治療 ドックベストセメント
治療中の痛み 治療中に痛みがあるため麻酔が必要なケースがある 痛みはあまりなく、麻酔はほぼ使わずに済む
治療回数 回数がかかる場合がある 2回程度
治療後の歯の見た目 被せ物(銀歯・白い歯) 白い詰め物
治療後 治療後に歯の内部でむし歯が再発する場合がある 再発の可能性が低いため、歯の寿命が長くなる
費用 保険適用 自費診療

ドックベストセメント療法はこんな方におすすめです

    • 治療回数・通院回数を少なくしたい
    • なるべく痛くない治療を受けたい
    • 歯をなるべく削りたくない
    • 歯の神経(歯髄)をなるべく残したい
    • 自分の歯をなるべく残したい
    • 歯医者の治療が怖く不安

料金

ドックベストセメント療法 ¥5,500~11,000/1回(税込)

ドックベストセメント療法の注意点

  • 既に神経が損傷してしまっている歯には適応できません。
  • 自費診療(保険適用外)なので、上に被せる物にも保険が適用不可になります。

1.医薬品医療機器等法上の承認:未承認
2.入手経路: 個人輸入で入手
3.同一の成分や性能を有する他の国内承認医薬品等の有無:無し
4.諸外国における安全性等に係る情報に関して:FDA認可あり

問診表

ページトップへ戻る